MEDIA,
ARTS,
SCIENCE,
TECHNOLOGY...

鏡の奥の精霊

この装置は鏡の奥行きを利用したアニメーション装置です。体験者はのぞき穴から鏡を見ることで、鏡の中にのみ精霊を観測することができます。自分たちの現実空間を映し出す鏡の中に、現実空間では見えないものを見たとき我々はどんな感情を抱くのでしょうか?今の時代だからこその鏡の神秘性というテーマで作った装置です。精霊をモチーフとしたのはかつての銅鏡から来ています。弥生時代ごろに使用された銅鏡は今のような姿見ではなく、神や精霊を祀るために使われていました。そんな鏡の神秘性にならって、精霊をモチーフにしています。昔ながらも、新しい鏡の姿を楽しんでいただけたら幸いです。

  • いばらきデジタルコンテンツ・ソフトウェア2018 優秀賞